ブログのカスタマイズをするときに、『テーマの編集』ってところから操作をしていくと思うんですが・・・

編集時に記述ミスをしてしまったり、うっかりどこかに触ってしまったりすると、
デザインが崩れてしまったり、ブログが真っ白になってしまったり。

『やってしまった!!』では済まされない、とんでもない事態になることがあります(^^;)

 

最悪バックアップがとってあれば元に戻すこともできますが、WordPress自体にログインができない場合はもうどうすることもできません。

 

そこで、そんな事態にならないように、FileZillaなどのFTPソフトを使ってテーマの編集をする方法をご紹介します。

WordPressにログインできなくてもFTPソフトを使ってバックアップファイルから復元できます(^-^)

 

FileZillaの画面の見方の復習はこちらから(^-^)→FTPソフト:FileZilla(ファイルジラ)接続講座

 

FileZilla(FTPソフト)で編集するファイルをダウンロード

今回は例として『base.css』というファイルを編集する方法です。

※テーマによって名称が違う場合もあります。

 

①FileZillaを開いてサーバーに接続

FTPソフトでバックアップ

 

 

対象のドメインをクリック

FTPソフトでバックアップを取る方法

 

 

【public_html】をクリック

FTPソフトでバックアップを取る方法

 

 

【wp-content】をクリック

FTPソフトでバックアップを取る方法

 

 

【themes】をクリック

FTPソフトでバックアップを取る方法

 

 

【keni70・・・】をクリック(インストールしたお使いのテーマ)※

FTPソフトでバックアップを取る方法

※ここはお使いのテーマによって違います。

 

 

『base.css』を探します

FTPソフトでバックアップを取る方法

 

 

⑧ダウンロード先を指定するために【Desktop】1度クリックして選択

FTPソフトでバックアップを取る方法

保存先はお好きな場所でOKです!
ここでは分かりやすくデスクトップにしました(^-^)

 

 

『base.css』を右クリックして【ダウンロード】をクリック

FTPソフトでバックアップを取る方法

 

 

⑩ローカルサイト(あなたの今使っているPC)のデスクトップに『base.css』がダウンロードされました

FTPソフトでバックアップを取る方法

 

 

⑪実際にデスクトップを見てみましょう。『base.css』がきちんとダウンロードされていますね!

ダウンロード作業は以上です(^-^)

 

ダウンロードしたファイルのバックアップフォルダを作りましょう

①デスクトップに『新しいフォルダー』を作りましょう

 

 

②ダウンロードした『base.css』をコピーして『新しいフォルダー』内に貼り付け

『新しいフォルダー』は分かりやすい名前に変更しておきましょう(^-^)
ここでは『base.cssバックアップ』としました。

以上でバックアップは完了です!

 

ここまでできましたら、『base.css』の編集を行いましょう。
編集するのはデスクトップにダウンロードしたこちら↓↓のファイルです。(編集が終わったら上書き保存をしておきます)

編集した『base.css』をFileZillaを使ってアップロード

編集が終わったら、またFileZillaを使用して『base.css』をアップロードします。

そうすることで、WordPressのダッシュボードから『外観』→『テーマの編集』から変更を行ったのと同じ状態になります。

では手順へ・・・

 

①FileZillaを起動して、ダウンロードした時の手順①~⑦まで行い、【ローカルサイト】と【リモートサイト】の両方に『base.css』のファイルがある状態を確認します。

FTPソフトでバックアップを取る方法

ローカルサイトにあるのが編集済みのもの

リモートサイトにあるのがまだ手を加えていないもの

 

 

ローカルサイトの『base.css』を右クリックして【アップロード】をクリック

FTPソフトでバックアップを取る方法

リモートサイトへのアップロードが開始します

 

 

③この画面が出るので①『上書き』にチェックが入っていることを確認して【OK】をクリック

 

 

④ローカルサイトからリモートサイトへのアップロードが完了しました

FTPソフトでバックアップを取る方法

これで、WordPressダッシュボードの『外観』→『テーマの編集』から編集をしたのと同じ状態になりました。

実際にWordPressからきちんと編集が反映されているか確認してみましょう(^-^)

 

⑤WordPressダッシュボードの『外観』から【テーマの編集】をクリック

 

 

⑥右側のリストから【base.css】をクリック

 

 

⑦編集した箇所を確認してみましょう!

⑤~⑦は確認作業なので毎回行う必要はありません。

大切なのは次です!

 

 

実際にサイトを見て変更箇所が反映されているか、他に変な影響が出ていないかをしっかり確認しましょう。もしおかしい箇所があったら編集にミスがあるので修正する必要があります。

 

ファイルのアップロード作業は以上です(^-^)

ここでミスや失敗があってブログが真っ白になってしまったり、WordPressにログインできない状態になった場合はバックアップをとったファイルを再度アップロードし直せば元に戻りますので慌てずに復元作業をしましょう!

 

バックアップファイルからの復元方法

復元方法といっても手順はアップロード方法と全く同じです。

最初にバックアップを取っておいた、このフォルダ内の『base.css』ファイル↓↓を再度アップロードすれば元通りです(^-^)

 

①まず、編集に失敗したこのファイルは削除してしまいましょう

 

 

②アップロードするのはこのバックアップを保存しておいたフォルダ内の『base.css』なので、このフォルダをクリックして開きます。

バックアップからの復元方法

 

 

③開いた中に最初にバックアップを取っておいた『base.css』があるのでこのファイルをアップロード
バックアップからの復元方法

手順はアップロード方法の②~と全く同じです(^-^)

完了したらきちんと元に戻っているか確認してみましょう!

 

まとめ

この方法が使えると『やっちまった!!』となったとしてもすぐに元に戻せます。

 

WordPressのバックアップを取る方法としてプラグインを使うと簡単ですが、
そもそもWordPressにログインができなくなったら意味がないので・・・

ぜひFileZillaなどのFTPソフトを使えるようにしておきましょう(^-^)

 

こういったことにとっても詳しくて、トラブルにも対処できるような方はもっと別の適した方法があるのかもしれません。

私は『自分は簡単に直せるから大丈夫!』なんてとてもじゃないけど言えないので、安全で簡単なこの方法を選んでます(^^;)

ぜひ参考にしてみてくださいね!