『Lazy Load』ってどんなプラグイン?

ページを開いたとき、通常は画像の読込みが完了してからページが表示されます。

画像が多いページだと表示されるまでに時間がかかってしまって、読者さんにイライラさせてしまいますし、最悪閉じられてしまうかもしれません。

読者さんにも優しくない上、検索エンジンのクローラーからも嫌がられてしまうのでいいことなしです(^^;)

 

『Lazy Load』というプラグインを導入すると、まずはページを表示させてから画像を読み込んでくれるようになるので、それだけで表示速度が大幅に改善します。

設定も不要ですので、ぜひ取り入れていきましょう。

 

『Lazy Load』のインストールから有効化

①WordPressダッシュボードの『プラグイン』から【新規追加】をクリック

プラグインの新規追加

 

 

②右上の検索窓に『Lazy Load』と入力すると赤枠のように表示されるので【今すぐインストール】をクリック

 

 

③インストールが完了するとボタンが変わるので【有効化】をクリック

以上でインストールと有効化は完了です。

 

まとめ

『Lazy Load』はこれだけでOKなんです(^-^)

プラグインを導入するときは設定が難しかったり、そもそも英語表記で何が書いてあるかわからなかったりするので、今回は楽チンでしたね(^-^)

これで画像の読込みを後回しにして、サクっとページを開いてもらえるようになりました。

 

読者さんにもSEOにも好印象のブログになってくれましたので、あとはバシバシ良い内容の記事を書いていきましょう!