前回『PS Auto Sitemap』というプラグインで、読者さん向けの【目で見るサイトマップ(目次)】を作成しましたね!

こちら→『PS Auto Sitemap』でサイトマップを作ろう!

 

今回の『Google XML sitemaps』は、【検索エンジン向けのサイトマップ】を作るプラグインです。

記事を公開・更新する度にサイトマップが自動的に生成されて、Googleなどの検索エンジンに通知していくれます。

 

※『All in One SEO Pack』というプラグインを導入している場合は、同様の機能がついているのでこのプラグインは不要ですが、使用しているテーマによっていは、サイトマップの送信が未対応のものもあるようなので、その場合はこちらの『Google XML sitemaps』を利用しましょう。

 

検索エンジンはクローラー】と言われるロボットをインターネット上に巡回させていてWEBサイトの情報を集めています。

 

あなたのブログにクローラーを呼び込んで検索エンジンに認識してもらうためには【検索エンジン向けのサイトマップ】は必須ですので、ぜひインストールしましょう!

 

では、一つ一つ順を追ってご紹介していきますね(^-^)

 

『Google XML sitemaps』のインストールから有効化まで

まずは『Google XML sitemaps』をインストールするところから始めて行きましょう!

 

①ダッシュボードの『プラグイン』から【新規追加】をクリックGoogle XML sitemapsの設定

 

 

②右上の検索窓に『Google XML sitemaps』と入力すると、左の赤枠のように表示されますので【今すぐインストール】をクリック

 

 

③インストールが完了するとボタンが【有効化】に変わるのでクリック

『Google XML sitemaps』の設定

インストール・有効化が完了したので、次は設定に入っていきましょう。

ここで設定するのは以下の7つです。

  • 基本的な設定
  • 追加ページの設定
  • 投稿の優先順位
  • Sitemapコンテンツ
  • 含めない項目
  • 更新頻度の設定
  • 優先順位の設定

 

『7つも!?』と嫌になってきてしまうかもしれませんが、最初はほとんど設定を変更する箇所はありませんし、選択したりチェックを入れたりするだけで設定できます。

一つずつ説明していきますね(^-^)

 

①まずダッシュボードの『設定』から【 XML sitemaps】をクリック

 

 

②インストール後にまだ記事を公開・更新していないので、今はまだ検索エンジンに通知はされていません

 

 

③『基本的な設定』(下へスクロールしながら順にご説明していきます)

ここはこのまま変更する必要はないです。特に上から3つは必ずチェックを入れておきましょう。

検索エンジンへの素早いインデックスが期待できます。

 

その下【高度な設定】もそのままにしておきましょう。

一応内容だけ・・・

 

<メモリの最大値を・・・>
サイトマップが膨大になった時に、読み込み時のエラー回避するための設定です。

<Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.>
膨大になったサイトマップを圧縮するかどうかの設定です。→チェックを入れておきます

 

<XSLT スタイルシートを含める>
サイトマップの表示を見やすくするかどうかの設定です。→チェックを入れておきます

 

<Override the base URL of the sitemap>
WordPressのインストール先がルート直下ではない場合にそのディレクトリを指定します。

<HTML形式でのサイトマップを含める>
例えば「http:/ / ◯◯.com/sitemap.html」と入力した時にサイトマップがHTML形式で見やすくなります。→チェックを入れておきます

 

<匿名の統計を許可する>
開発者に匿名で情報を送るかどうかの設定です。

 

 

④『追加ページの設定』

ここは設定不要です。(内容を読んで追加したい場合のみ設定しましょう)

 

⑤『投稿の優先順位』

『優先順位を自動的に計算しない』にチェックを入れてると、最後に優先順位を自分で設定できるようになります。

 

 

⑥『Sitemapコンテンツ』の設定

ここではサイトマップに載せたい項目を設定します。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

この4つに必ずチェックを入れておきましょう。

重要なコンテンツだけサイトマップに掲載して、検索エンジンが不要なページ(お問合せフォームなど)を見に行かないようにできます。

 

 

⑦『含めない項目』の設定

ここではサイトマップに載せたくないカテゴリーや、記事を指定できます。

例えば『日記』や『雑記』など、ブログの趣旨とは異なるカテゴリーは載せなくても良いかと思います。

個別の投稿記事や固定ページは『ID』で指定します。

 

※IDはURLにこのように表示される数字です

 

 

⑧『更新頻度の設定』

ここでは検索エンジンのクローラーが巡回する頻度を設定できます。

⑥と同様に最適なクロールができるような設定をしていきます。

ただ、メモにも書いてあるとおり『命令』ではなく『ヒント』なので、指定通りになるとは限りません。

 

 

⑨『優先順位の設定』

⑤の『投稿の優先順位』の設定で、『優先順位を自動的に計算しない』にチェックを入れた場合にここで自分で順位を決められます。

⑥の『Sitemapコンテンツ』でチェックを入れなかった項目(サイトマップに載せない項目)は『0.0』に設定しておきましょう。

 

以上ですべての項目の設定が完了しました!

左下の【設定を更新】をクリックしましょう。

 

まとめ

たくさん設定項目があるように感じるかもしれませんが、実際は変更する箇所は限られているので、

そんなに難しいことはなかったと思います。

 

このプラグインは【Google Search Console】とのセット使いで更なるSEO効果を発揮します。

【Google Search Console】についてはこちらの記事へ→Google Search Consoleに登録してあなたのブログを最適に!