バックアップ

WordPressのバックアップについては、初心者さんでも簡単なWordPressのバックアップ方法

FileZillaなどのFTPソフトを使った方法をご紹介しています。

どのレンタルサーバーを使用していてもバックアップができますし、『Thema』『plugin』など個別にバックアップが取れて便利なんですが、

記事数が増えてきたりするとエラーが起きたり、時間もかかるのがたまにキズです(^^;)

 

今回ご紹介する方法はXサーバーでバックアップを取る簡単な方法です。

他のレンタルサーバーをご利用の場合は、レンタルサーバーによってこのようなバックアップが可能だったりダメだったりするかもしれませんが、他の方法で必ずバックアップはとりましょう!

 

WordPressのバックアップの仕組み

エックスサーバーからバックアップを取るのは『データファイル』と『データベース』です。

バックアップ

【データファイル】

  • テーマのデザイン・設定
  • 画像ファイル
  • プラグイン
    ・・・など

【データベース】

  • 投稿記事・固定ページ
  • コメント・カテゴリ・タグ
  • 管理画面の設定・情報
  • ログインIDとパスワード
    ・・・など

 

両方まとめて一気にバックアップが取れれば良いのですが、それはWordPressの仕組み上無理なのです(^^;)

操作方法は簡単ですので、ご紹介していきます。

 

エックスサーバーから【データファイル】をダウンロードしよう!

①こちらからエックスサーバーのサーバーパネルへ。IDとパスワードを入力してログイン。

エックスサーバーからのバックアップ

②アカウント欄の【バックアップ】をクリック

バックアップ

『ホームディレクトリ』の右の【ダウンロード】をクリック

バックアップ

『ホームディレクトリ』をダウンロードするとすべてのドメインのバックアップが一気に取れます。

個別でバックアップを取る場合は、該当ドメインの欄の【ダウンロードボタン】をクリックしましょう。

④画面が変わってダウンロードが始まります

バックアップ

⑤ダウンロード中です。しばらく待ちましょう・・・

バックアップ

※ダウンロード中は左のアイコンの周りを青色がクルクル回っています

⑥ダウンロードが完了したら下矢印をクリックして【フォルダを開く】をクリック

バックアップ

⑦ダウンロードフォルダに『○○○.tar.gz』というファイルが保存されました

バックアップ

この『○○○.tar.gz』というフォルダがデータファイルです。

 

以上でデータファイルのダウンロードは完了です!

左上の『ServerPanel』のロゴをクリックして管理画面に戻っておきましょう。

バックアップ

エックスサーバーから【データベース】をダウンロードしよう!

①データベース欄の【MySQL設定】をクリック

バックアップ

【MySQLバックアップ】のタブをクリック

バックアップ

③いくつかのデータベースが表示されています。

バックアップ

※ここに表示されるデータベースの数は人によって異なります。すべてをエクスポートしていきます。

『gz形式』にチェックを入れて【エクスポート実行】をクリック

バックアップ

※gz形式を選択するとエクスポートするファイルのサイズを圧縮することができます。

⑤自動的にエクスポートが始まります。

バックアップ

※始まらない場合は【ダウンロードする】をクリックしましょう

⑥ダウンロードが始まります。しばらく待ちましょう・・・

バックアップ

※ダウンロード中は左のアイコンの周りを青色がクルクル回っています

ダウンロードが完了したら下矢印をクリックして【フォルダを開く】をクリック

バックアップ

⑧ダウンロードフォルダに『○○○2017-月-日.sql.qz』というファイルが保存されました

バックアップ

この『○○○2017-月-日.sql.qz』というフォルダが今ダウンロードしたデータベースです。

この上に先程ダウンロードしたデータファイルのフォルダがあるのが確認できますね♪

※④のエクスポートを実行する画面で、データベースが1つだけだった場合はこれで終了です。⑧~⑬は飛ばして次へ進んでください。

【MySQLバックアップ】のタブをクリック

バックアップ

⑨次のデータベースの『gz形式』にチェックを入れて【エクスポート実行】をクリック

バックアップ

⑩自動的にエクスポートが始まります。

バックアップ

※始まらない場合は【ダウンロードする】をクリックしましょう

⑪ダウンロードが始まります。しばらく待ちましょう・・・

バックアップ

※ダウンロード中は左のアイコンの周りを青色がクルクル回っています

⑫ダウンロードが完了したら下矢印をクリックして【フォルダを開く】をクリック

バックアップ

⑬ダウンロードフォルダに『○○○2017-月-日.sql.qz』というファイルが保存されました

バックアップ

この1番下の『○○○2017-月-日.sql.qz』というフォルダが今ダウンロードしたデータベースです。

その上のピンクで囲ったフォルダが直前にダウンロードしたデータベースです。

その上の水色で囲ったフォルダが一番最初にダウンロードしたデータファイルです。

※データベースの数だけ⑧~⑬を繰り返しましょう。

 

これでデータファイルのダウンロードは完了です!

 

ダウンロードしたファイルをまとめましょう

①ダウンロードした『データファイル』と『データベース』のファイルです。

エックスサーバーからのバックアップ

【新しいフォルダー】をクリック

エックスサーバーからのバックアップ

③新しいフォルダができたので名前をつけましょう。これが保存用のフォルダです。

エックスサーバーからのバックアップ

※バックアップを取った日付にしておくとわかりやすいかと思います。

【Shiftキー】を押しながら、先ほどダウンロードしたファイルを全部クリックして選択していきます

エックスサーバーからのバックアップ

⑤選択した項目は水色に色が付きます

エックスサーバーからのバックアップ

※左下に『3個の項目を選択』と出ていますね!ダウンロードしたファイルの数と一致していればOKです。

⑥選択しているファイル名の上で右クリックして、開いた中から【切り取り】をクリック

エックスサーバーからのバックアップ

⑦ ③で新しく追加した保存用フォルダの名前の上で右クリックし、開いた中から【貼り付け】をクリック

エックスサーバーからのバックアップ

⑧保存用のフォルダを開いて中身を確認してみましょう

エックスサーバーからのバックアップ

きちんと3つのファイルが保存されていますね!

 

このフォルダをパソコン本体だけではなく、HDD(ハードディスクドライブ)やクラウドストレージにも保存しておきましょう。

パソコンだけだと、そのパソコンが壊れたりウィルスに感染してしまった場合は、バックアップもろともアウトなので、なるべくいろいろな場所に保存してリスクを分散しておきましょう。

 

おまけの確認作業(データファイルの中身を確認)

ここまでの作業でバックアップは完了なのですが、今回のバックアップの仕組みをより理解しやすいように、

時間があるときにここからの確認作業をしてみてください。

 

①一番最初にダウンロードした『データファイル』を解凍して開きます

FTPとの比較

②FileZillaを起動してエックスサーバーに接続します

FTPとの比較

左がFileZilla、右が解凍したデータフォルダの中身です。

中身が同じですよね!!

③両方共あなたのドメインをクリックして開いてみましょう

私の場合は『koemi-affili.com』を開きます

④開いた中身はまた同じです

FTPとの比較

⑤次に両方とも『public_html』を開いてみましょう

FTPとの比較

⑥また中身は一緒ですね!

⑦続いて両方とも『wp-content』を開いてみましょう

⑧またまた中身は一緒です

FTPとの比較

 

よく考えれば当たり前なのですが、FileZillaなどのFTPソフトの役割は【サーバーとパソコンをつなぐ役割】でしたね♪

なので、FileZillaで見たり操作しているのはここの情報なんです。

 

最初にもご案内した、こちらの方法↓↓でバックアップをとっている3つのフォルダ『themes』『plugins』『uploads』もここにありますね!

初心者さんでも簡単なWordPressのバックアップ方法

 

おわりに

WordPressを取る方法はいくつかありますが、WordPressの仕組みは当たり前ですが1つなので、

こうして中身を確認してみると、自分がどんなことをしているのか・・・というのが理解しやすいです。

始めは言われるがままに、説明のままに作業をするしかないのですが、余裕が出てきたらほんの少し掘り下げて見てみると自分の理解も深まりますし知識も増えます(^-^)

 

バックアップはブログ運営をするなら必須です!

記事を書く前、プラグインを入れる前、WordPressやプラグインのアップデートの前、テーマの編集の前など、

今の状態から何か変更を加えようとするとき】にバックアップをとっておきます。

 

今回バックアップを取った『.zg』形式の圧縮ファイルは、

圧縮解凍ソフトがないと解凍できませんので、こちらも一緒に導入してくださいね♪

定番の圧縮・解凍ソフト『Lhaplus』をインストールして便利に使いましょう!

 

エックスサーバーは、今回のように手動でバックアップを取ることも簡単ですが、エックスサーバー側でも自動でバックアップを取ってくれています。ありがたいですね!

ただ、バックアップは自動で取ってくれていても、復元のためにバックアップデータをもらうのは有料なんです(^^;)

15000円くらいかかります・・・

 

なので、それは本当に本当にどうしようもないときだけ利用する『保険』と考えて、基本的には自分でバックアップを取るようにしましょう。

これからレンタルサーバーの契約をするなら、またはサーバーのお引越しをするなら、多くのアフィリエイターが利用しているエックスサーバーがオススメです(^-^)