エックスサーバーをお使いの場合、WordPressの自動インストールが可能です。

他のレンタルサーバー(ロリポップやさくら)をお使いの方も、自動インストール機能があると思いますので、サーバーの操作手順に従ってインストールしてみてください。

 

では早速、エックスサーバーにWordPressをインストールをしていきましょう。

ひとつずつ順番に説明していきますので、安心して進めて行ってくださいね。

 

エックスサーバーの自動インストール

①まずはこちらからエックスサーバーのサーバーパネルにログインしましょう。

IDとパスワードは、エックスサーバーから送られてきた『■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ』という件名のメールに記載してあります。

 

 

②左下の『設定対象ドメイン』でWordPressをインストールするドメインを選択し、【設定する】をクリック

あなたの独自ドメインでWordPressを運営していくと思いますので、独自ドメインを選択しましょう。

これで設定対象ドメインの設定ができました。

 

 

『ホームページ』内の【自動インストール】をクリック

 

 

【プログラムのインストール】をクリック

 

 

『WordPress日本語版』の欄の【インストール設定】をクリック

 

 

⑥各項目を入力していきます

 

  • インストールURL・・・WordPressをインストールするメインサイトとするURLになっているか確認
  • ブログ名・・・ブログのタイトルを入力(あとで変更できます)
  • ユーザー名・・・WordPressの管理画面にログインするときのユーザー名となります。(あとで変更できます)
  • パスワード・・・WordPressの管理画面にログインするときのパスワードとなります。(あとで変更できます)
  • メールアドレス・・・WordPressで使用していくメールアドレスを入力
  • データーベース・・・『自動でデータベースを生成する』にチェック

 

すべて入力したら【インストール(確認)】をクリック!

 

 

⑦内容を確認して【インストール(確定)】をクリック

  • MySQLデータベース名
  • MySQLユーザー名
  • MySQLパスワード

以上3つをメモしておきましょう。

 

 

⑧インストールが完了しました。URLをクリックしてWordPressのログイン画面に入りましょう

 

 

⑨先程設定したIDとパスワードを入力して【ログイン】をクリック

 

 

⑩WordPressの管理画面(ダッシュボードと言います)にログインしました

WordPressでの作業はすべてこのダッシュボードのページが起点となります。

このページをお気に入り登録しておきましょう。

 

以上でエックスサーバーへのWordPressの自動インストールは完了です!

 

自動インストール直後のWordPressのバージョンアップについて

今回自動インストールしたWordPressは、最新バージョンではない可能性があります。

上の赤枠内の【更新】のところに②とありますが、更新できるものが2件あるというお知らせです。

下の赤枠内の【プラグイン】のところにある①は、2件の更新のうちプラグインの更新が1件あるという意味です。

 

WordPressのバージョンアップは随時行われていて、簡単に更新ができますが、

その前にバックアップを取っておく必要があります。→初心者さんでも簡単なWordPressのバックアップ方法

 

今はまだまっさらな状態なので、このまま更新が必要なものは更新してしまいましょう。

 

①ダッシュボードの【更新】をクリック

 

 

『WordPressの更新』の情報が開きますので確認します

『最新バージョンのWordPressをお使いです』と出ている場合は、WordPress自体の更新の必要はありません。

もし『WordPress4.○.○が利用可能です。更新してください』と出ていたら、更新ボタンをクリックして更新をしてください。

 

 

③下へスクロールして、『プラグイン』の更新情報を確認します

今回は『Akismet』というプラグインの更新が必要となっていますので更新しましょう。

チェックを入れて【プラグインを更新】をクリック!

 

※『WordPress4.7.2との互換性100%』と出ていますが、現在のWordPressのバージョンが4.7.2であれば互換性は100%という事です。

(WordPressのバージョンの確認は後ほど説明しますね)

 

プラグインって何?

元々WordPressにはない機能を追加できるものです。

プラグインを追加インストールすることによって、色々な機能が使えるようになります。

ブログにお問合せフォームを作ったり、自動バックアップを取ったり、あなたの好みに合わせて追加することができます。

プラグインについては、別途オススメや追加方法をご紹介しますね。

 

 

④更新が完了しました!

 

 

⑤さらに下へスクロールして、『テーマ』の更新情報を確認します

テーマとはブログのテンプレートのことです。

WordPressでは共通して『テーマ』と呼びます。

こちらもチェックを入れて更新しておきましょう。

 

 

『ダッシュボード』に戻って確認してみましょう

最初に『更新』と『プラグイン』の横にあった②や①が消えていますね。

きちんと更新ができたので、今は更新するものは何もない状態になりました。

 

【WordPressのバージョンの確認方法】

ダッシュボードの1番右下、『WordPressニュース』のさらに右下に表示されています。

これが現在あなたがお使いのWordPressのバージョンです。

 

WordPressのバージョンアップの重要性

WordPressに限ったことではないのですが、『バージョンアップ』が行われるという事は、『中身が何かしら変わった』という事です。

 

機能的にもっと便利に使えるようになったり。

大小問わず不具合が解消されたり。

 

中でも重要なのが、『脆弱性(ぜいじゃくせい)が解消された場合』です。

脆弱性とは、簡単に言うとそのシステムの弱い部分です。

その弱い部分を外部の悪者が見つけてしまい、そこをつついて悪さをすることがあります。

 

WordPressの記事が何者かに書き換えられてしまったり、消されてしまったり。

ウイルスを入れられてしまったり、とっても危険な状態になることも有り得ます。

 

なので、ダッシュボードの更新欄は必ずチェックして、更新を行うようにしましょう

 

ただ、WordPress自体もプラグインもテーマも(今回は出てきていませんが翻訳も更新があります)、更新したことで不具合が起きてしまうことが稀にあります。

 

新しいバージョンになったばっかりの時はバグも多くあったり、
プラグインがまだ最新バージョンに対応していなかったり、
相性が悪かったりすることがあります。

 

だからと言って更新しないのは危険なので、更新する前に必ずバックアップを取る必要があります。

ワードプレスのバックアップ方法はいくつかありますので、また別の記事でご紹介しますね。

初心者さんでも簡単なWordPressのバックアップ方法

 

WordPressニュースにバージョンアップの情報が掲載されるので、内容を見て緊急性がないものだったら、急いで更新しなくても良いのかもしれませんが、その判断がつかないうちは、『バックアップをとって更新』をした方が安心です。

 

おわりに・・・

WordPressのインストールは無事にできましたか?

エックスサーバーが自動でインストールしてくれるので、難しい作業はなかったと思います。

 

これであなたのブログの土台が完成しました!

記事を書くまであと少しだけやることがありますので、もう少しをがんばりましょう!

 

ドメイン、サーバー、WordPressと進んできましたが、ここまでに『IDとパスワード』をいくつか設定してきましたよね。

きちんと大事に控えてありますか?

 

そのへんのメモにパパッと書いてしまうのではなく、専用のノートを準備したり、エクセルや管理ツールを利用したりして、きちんと保存しておきましょう。

特にパソコンにIDとパスワードを記憶させていたのに、何かの拍子に消えてしまって『どこに書いたっけ!?』と焦ることがないように・・・

 

次は実際にWordPressでの作業に入っていきます。

WordPress:最初にやろう!6つの初期設定講座