現在私がオススメしている『ブログ・メルマガアフィリエイト』の教材があるんですが、
最初は購入する気は全くありませんでした。

と言うのも、当時私は別の教材を持っていたからです。

 

にもかかわらずどうして購入に至ったのか?

私が実際に体験したことが、まさに『販売における最高の理想の形』だったので、ぜひ参考にしてみてください(^-^)

 

出会いのきっかけと私の心の動き

持っていた教材も『ブログ・メルマガアフィリエイト』の王道教材で非常に分かりやすかったです。

ブログも0からきちんと構築することができました。

ただ、メルマガに関しては、いまいち自信が持てずにいました。

 

ある時気になる無料レポートをダウンロードして、内容がとても勉強になったので、

その方のブログを見に行って感想のメールを送り、ブログもじっくり拝見しました。

その方のブログで見つけたのが、今オススメしている教材です。

 

課題と添削制度があって、そこが気になりましたが

『今の教材で満足してるし。』

と、まだ買う気は全くありませんでした。

 

でもメルマガに対するモヤモヤは残ったままだったので、

その方に、私の持っている教材ととその方のオススメ教材について質問をすると、

とっても丁寧なお返事が(^-^)

 

私が持っている教材もご存知でしたが、その方はその教材の紹介はしていませんでした。

 

していないにもかかわらず!

 

こっちはここがこうだけど、

こっちはこうです。

 

みたいな具体的な意見で、

ご自分が紹介されている教材を優位にするでもなく、公平な目線での意見でお返事を下さいました。

 

その時点で『この方は信頼できる方』と思えましたし、

最初は買う気はさらさらなかったのに、気になる度は上がります

 

『でも今のがあるし!』

と、それでもまだ買う気にはならないのに

どーーーしても頭の片隅にチラついて離れないあの教材。

 

なぜかと言えば、私がモヤモヤしていたメルマガについての学びが、

持っている教材よりも濃い事と、何と言っても添削してもらえるから。

 

今の悩みやモヤモヤを解決できるかもしれない。

 

そこからまた何度か質問をしました。

そんな通りすがりの私にも、変わらず丁寧で的確なお返事をくださり、

そして変わらずご自分が紹介しているからと言って、そっちを押してこない。

 

知っている事は余す事なく教えて下さるけど、買う買わないの判断をするのは私だと。

今の悩みを解決したいなら、変わりたいなら新しいことをしてみるべきだと。

自分からそう思うことができたので、

この方から教材を購入しました。

 

『売られている』という意識はないのに、私は『購入した』わけです。

 

その結果どうだったのか?

実際に購入して実践すると、

今まで学んで実践してきたことの中にも、考え方を変えなければいけない点も見つかりましたし、

何よりメルマガについてのモヤモヤも晴れていきました。

 

手持ちの教材も再現性の高いすばらいし教材でしたが、

やっぱり実践する人の受け止め方によっては、
製作者さんの意図とは違う受け止め方をしてしまう事も避けられないと思うので、

添削していただけると言うのが、私にはとても大きかったなと思います。

 

そして何より、初めは買う気はなかった私が、最終的には購入に至ったということが、

その方の素晴らしい販売の仕方だなぁと思いましたし、勉強になりました。

 

理想的な販売方法

販売の仕方は人それぞれですが、

『買う気がない人が最終的には買う』

『売らないで売る』

というのが販売において理想的なことだと私は思っています。

そして、それを身をもって体験した事は、私にとってものすごく大きな事でした。

 

  • 自分の知っている限りの知識を読者さんに与え続け、買ってほしいからと教材のひいきはしない。
  • 購入を悩んでいても事実だけを伝えて押し付けない。

 

おわりに

実は私、90%くらい購入を決めた後、製作者さんにも質問をしています(^_^;)

 

販売ページの中に気になることがあったからです。

 

教材を購入するまでにどんだけ質問しまくってるんだ?って思いますけど、

分からないから聞く!

そして解決に至る!

これも全部学びだと開き直っています(^_^;)

 

大切なお金を使って購入するわけですから、不安が残ったまま購入するわけにはいきませんよね(^-^)

でも、気になるのに不安だからといってそのままスルーしてしまっては、

現状は何も変わらないままです。

 

気になるなら思い切って聞いてみる、一歩踏み出す勇気が何よりも大切です。

 

そのおかげで私は自分にとって最適な教材を手にできましたし、自信を持って今その教材をおすすめすることができています。

何よりも、『売らないで売る』という販売極意を体験し、自分もそのスタイルを一貫してして続けることができています。