3D

無料レポートの表紙は、以前無料テンプレートの使い方の中でもご紹介しました(^-^)

こちら→無料レポート掲載用の表紙画像の簡単な作り方

 

でもメルぞうやXamを見ていると、きれいなハードカバーの3D画像の表紙を見かけませんか?

『かっこいい!!』『作ってみたい!』と思ったので、作り方を調べてみました(^-^)

 

調べたら簡単だったので、ご紹介しますね♪

 

ブックカバーに使う画像を準備しよう

3Dのブックカバーを作るために、表紙・背表紙・裏表紙の3枚の画像が必要です。

(実際に掲載するときは裏表紙は見えないので、『表紙』と『背表紙』は同じ画像でOK!)

  • 表紙  250×360
  • 背表紙 45×360
  • 裏表紙 250×360

このサイズだとキレイにぴったりとおさまります。

 

今回は、表紙と背表紙はこちら↓

(レポート本編の表紙をスクリーンショットで切り取ったものです)

3D表紙

背表紙はこちら↓

(これはエクセルで作ってスクリーンショットで切り取ってサイズを調整しました。)

3D表紙

を使っていきますね!

 

『3D Shapes』で3Dブックカバーを作ろう

①こちらをクリック→3D Shapesのサイトへ

矢印

②こんなページが開きますので、左上の【Hard Cover Book】をクリック

3D表紙

矢印

【Load Side Images】をクリック

3D表紙

矢印

④ファイルを選択するメニューが開きますので、1つずつ選択していきましょう

3D-box

矢印

⑤ここで明るさ等を調整することができます

3D-box

矢印

⑥表示されている画像を左クリックしながらマウスを動かすと角度を調整できます。決まったら【Render Scene】をクリック

3D-box

矢印

⑦有料できれいな画像にすることもできますが、掲載用に小さくするので無料で十分です。一番左のオレンジの部分をクリック

3D-box

矢印⑧データの作成が始まります

3D-box

矢印

⑨この表示が出たら【Save Image】をクリックして保存

3D-box

これで作成した画像がダウンロードされます(^-^)

 

ダウンロードした画像をメルぞう掲載用に加工しよう

①(GoogleChromeの場合)左下にダウンロードされるので上向きの矢印をクリック

3D-box

矢印

【フォルダを開く】をクリック

3D-box

矢印

③分かりやすいように、フォルダ内の『image.-png』をデスクトップへドラッグ&ドロップしましょう

3D-box

矢印

④デスクトップに移動した画像を右クリックして、【プログラムから開く】【ペイント】とクリック

3D表紙

矢印

⑤ペイントが開きます。画像が画面より大きいので、操作できるように小さくしていきます

3D表紙

矢印

【サイズ変更】をクリック

3D表紙

矢印

⑦『水平方向』『垂直方向』を70%にして【OK】をクリック

3D表紙

矢印

⑧表紙画像をバランスよく囲んで【トリミング】をクリック

3D表紙

※点線の枠が出てこないときは【選択】をクリックしてから囲んでください

矢印

⑨囲んだ部分だけ切り取られました。【サイズ変更】をクリック

3D表紙

矢印

⑩メルぞうの推奨掲載サイズに変更していきます

3D画像

  • ピクセルを選択
  • 縦横比を維持するにチェックを入れる
  • 水平方向か垂直方向の数字を調整して、200×260に近づけましょう
  • 【OK】をクリック

矢印

⑪左上のマークをクリック

3D表紙

矢印

【名前を付けて保存】【GIF画像】をクリック

3D表紙

矢印

保存先を指定、名前を入力して、【保存】をクリック

3D表紙

矢印

⑭この表示が出たら【OK】をクリック

3D表紙

矢印

⑮この表示が出たら【OK】をクリック

3D表紙

矢印

⑯完成です!!

3D表紙

 

まとめ

いかかでしたでしょうか??

箱みたいなゴツイ画像を作るには、有料のツールが必要なんですが、このハードカバーの表紙でも十分かっこいいですよね♪

『3D-Shapes』は会員登録とかも必要ないので、気軽に使えて便利です。

他にもCDやDVDboxも作れるので、機会があれば使ってみてください。

 

表紙画像だけでダウンロード数が激的に伸びる・・・とまではいかなくても、

見た目が素人っぽいよりは、しっかりしていたほうが見てもらえる確率は上がります。

(もちろん中身がしっかりしていることが1番大切ですが)

ぜひ掲載用の画像も手を抜かずに作っていきましょう(^-^)